スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2つの記事が合体しています)「郵政法改正案、27日成立へ」「郵政民営化見直しがTPPの火種に 米が猛反発」


「郵政法改正案、27日成立へ」




YAHOOニュース
参院総務委員会は24日の理事懇談会で、
日本郵政グループの民営化路線を見直す郵政民営化法改正案を26日に採決することを決めた。
同改正案は民主、自民、公明3党が共同で提出しており、27日の参院本会議で可決、成立する見通しだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000097-jij-pol



「郵政民営化見直しがTPPの火種に 米が猛反発」


msn産経ニュース


 【ワシントン=柿内公輔】環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加問題をめぐり、
米国が日本の郵政民営化見直しに不満を募らせている。完全民営化路線の後退で、
米保険業界の参入が一層阻害される懸念を強めているためで、
日本の交渉参加に大きな足かせとなる恐れが強まってきた。

 米通商代表部(USTR)のカーク代表は10日、訪米中の玄葉光一郎外相と会談し、
郵政民営化法改正案について、「米国の議会や利害関係者が強い関心を有している」と表明。
米側は特に保険分野を問題視、今後、両国で継続協議することになったという。

 改正案では、かんぽ生命保険株式の完全売却義務が努力目標に後退。
米保険業界にはかんぽ生命が政府の信頼をバックに営業を続ける可能性が残ることに猛反発。
米国生命保険協会は「公正な競争条件の確保を求めてきた業界の懸念を無視した」と非難声明を出している。

 訪米中の民主党経済連携プロジェクトチームの議員調査団と10日会談したマランティスUSTR副代表も懸念を表明。
TPP推進派の吉良州司衆院議員は米側から公正な競争条件の確保と市場開放を強く促されたことを明らかにした。

 マランティス副代表は、日本の交渉入りに向けて米議会が承認するための明確な条件はない、
としながら「議会と業界が納得する姿勢」を日本が示さない限り、調整は難航する可能性を示唆したという。

 日米の事前協議では、自動車や農業と並び、郵政と保険をめぐるせめぎ合いが激しさを増しそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120411/fnc12041117430017-n1.htm



この2つの記事へ管理人なりの意見



まず、いいたいのは「何のために郵政民営化したんだ!!」ということです
郵政民営化するのにたくさんのお金を使ったのに、
郵政民営化を見直ししたらまたたくさんの国民の税金が使われることになり
まったく持って無駄だと思う。
中学生でさえ、このことがわかるのに政治家達はなぜこんなことがわからないのかと
この記事を読んでみて思った
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速suru - 2012年04月24日 20:20

URL :

閲覧者
Now online
PSPプラグイン
PC
パソコン系

■【比較シリーズ 】
解凍(圧縮)ソフト性能比較
WEBブラウザ比較v1.0


■【Jpcsp SVN】
「Jpcsp SVN r2502」


■【ブラウザー】
FireFox
sleipnir

ページランキング
記事別最新コメント
ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
220位
アクセスランキングを見る>>
Links
人気記事